2/23

Webセミナー

一緒に知ろう、ともに考えようAYA世代のがんのこと(1)

『家族』
~AYA世代のがん、家族の想い~

AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の頭文字をとったもので主に、思春期(15歳~)から30歳代までの世代を指しています。

2021年4月、瀬古利彦さんのご子息、昴さんは34歳で旅立ちました。旅立つ一か月前に、昴さんは『がんマラソンのトップランナー』という本を自費出版しています。

本の中には自らの経験を包み隠さず記しており、「AYA世代には、学業、仕事、恋愛、結婚などで、高齢になってからのがんとは違った特有の悩みがありますから。そんな、僕と同世代のみなさまに、この本が届いて、経験をシェアできたら嬉しいです」という昴さんの想いがこめられています。25歳でホジキンリンパ腫とわかってから9年間の日々を、昴さんは『ジェットコースターのような日々』と表現していました。2020年のニューイヤー駅伝で、トップの選手を後ろの選手が追いかけている映像を観て、「もしこれから僕と同じ状況になる人たちがたくさんいるとしたら、先例としてその人たちが生きて行くための手助けになるのか。」と涙が溢れたことが著書のタイトルの由来となっています。

『家族は第2の患者』とも言われます。昴さんの本のサブタイトルには『伴走 瀬古ファミリー』と記されています。今回は【家族】に焦点を当て、瀬古利彦さんより、昴さんと過ごした日々、そして今の想いをお話していただきます。その後、これまで4,000人以上のがん患者およびその家族と対話をしてきた、清水研医師からのお話と、おふたりの対話をお届けしたいと思います。

※このセミナーは樋口宗孝がん研究基金による助成を開催費用の一部に使用します

スケジュール

  • 【日時】

    2022年2月23日(祝)13時~15時

  • 【参加費】

    無料

  • 【定員】

    500名

  • 【開催方法】

    zoomウェビナーを使用したオンライン開催

  • 【登壇者】

    (セミナー講師)
    瀬古 利彦 氏(DeNA アスレチックスエリートアドバイザー)
    清水 研 氏(がん研有明病院腫瘍精神科部長)
    (司会)
    轟 浩美(認定NPO法人希望の会 理事長)

お申し込み

以下のボタンを押してお申し込みください。

ウェビナー登録ページへ

※お申し込み後、Zoomウェビナーご視聴までの流れは以下のPDFフライヤーもご参照ください。
※合わせてピーペックHPの『Zoomの使い方解説ページ』もご参照ください。

PDFフライヤー

イベントのPDFフライヤーもご覧ください。

タイムテーブル

※スマートフォンなどではスワイプしてご覧ください

時間 内容
開会挨拶 13:00- 10分 開催趣旨 轟 浩美(認定NPO法人 希望の会理事長)
1、AYA世代のがん~家族の想い(仮)
講演 13:10-
14:00
50分 講師:瀬古 利彦 氏
(DeNA アスレチックスエリートアドバイザー)
2、がんとこころ(仮)
講演 14:00-
14:30
30分 講師 : 清水 研 氏
(がん研有明病院 腫瘍精神科部長)
対話
14:30-
15:00
30分 モデレーター:轟 浩美
瀬古利彦氏
清水研氏

※瀬古 昴さんのご著書【がんマラソンのトップランナー】は、自費出版のため在庫がなく、電子書籍でのみ購読可能です

開催形式

  • 【主催】

    認定NPO法人 希望の会

  • 【共催】

    グリーンルーペ
    (発起人)
    轟 浩美(認定特定非営利活動法人希望の会理事長)
    長谷川一男(NPO法人 肺がん患者会ワンステップ代表)
    西口洋平(一般社団法人キャンサーペアレンツ創始者)
    (賛同団体)
    NPO法人がんノート
    ダカラコソクリエイト
    一般社団法人がんチャレンジャー
    AYA Generation +group

  • 【後援】

    厚生労働省
    東京都
    渋谷区
    公益財団法人 がん研究会有明病院
    一般社団法人 全国がん患者団体連合会
    一般社団法人 AYAがんの医療と支援のあり方研究会
    AYAweek2022
    一般社団法人 ピーペック

  • 【運営支援】

    一般社団法人 ピーペック

協賛

アステラス製薬株式会社

アフラック生命保険会社

オイシックス・ラ・大地

武田薬品工業株式会社

樋口宗孝がん研究基金