お知らせ

希望の会とは

希望の会の3つの柱

患者・家族の交流会、医師による勉強会・講演会を開催すること、がん患者団体として公に声をあげていくことで実現をはかります

希望の会の設立にあたって

特定非営利活動法人
希望の会
前理事長 轟 哲也
理事長  轟 浩美

全胃癌に占めるスキルス性胃癌の割合は10%程度と言われており、患者の絶対数が多くありません。そのためか、スキルス性胃癌に関する書籍はほとんどなく、インターネット上を検索しても、スキルス性胃癌に関する情報はほとんど見あたりません。現在、スキルス性胃癌の患者や家族が、治療などに関する適切な情報を得て、自ら納得した治療法を選択することは極めて困難な状況にあります。

そこで、私はスキルス性胃癌に特化した任意団体「希望の会」を創り、インターネットを利用して患者や家族が情報を交換、共有する場を提供してきました。また、「希望の会」会員の交流会を開催し、実際に患者や家族が集まって懇談することによって、互いに励まし合うことができるようになりました。

実体験に勝る情報はありません。お互いの情報が選択肢を広げ、可能性を広げていくのを感じています。「希望の会」を創らなかったら知りえなかった明るい情報にも出会えています。

任意団体でスタートした本会ですが、活動に共感してくださる方々の声を受けて特定非営利活動法人化をめざし、2015年3月に東京都より認証されました。

まだまだ、孤独な気持ちでスキルス性胃癌と向き合っている方が、世の中には大勢いるのではないかと思います。

今後は、「希望の会」で集約した情報を、さらに拡充・整理し、発信することによって患者や家族の方々を支えていくと共に、癌の予防や早期発見に対する啓蒙活動を行い、広くみなさまの健康増進に役立てていきたいと思っています。

どうぞご理解、ご支援のほどを、心よりお願い申し上げます。

私も応援しています(五十音順)

北海道大 名誉教授
北海道医療大学 副学長

浅香 正博 先生

日本医科大学
消化器外科 教授

太田 惠一朗

日本医科大学武蔵小杉病院
腫瘍内科 教授

勝俣 範之 先生

がん研有明病院
緩和治療科 医長

兼村 俊範 先生

自治医科大学
消化器・一般外科教授

北山 丈二 先生

兵庫医科大学
集学的腫瘍外科特任教授
上部消化管外科名誉教授

笹子 三津留 先生

国立がん研究センター東病院
先進医療科 消化管腫瘍科医師

設楽 紘平 先生

神戸大学医学部 付属病院
乳腺内分泌外科 准教授

谷野 裕一 先生

慶應義塾大学病院
腫瘍内科特任教授

浜本 康夫 先生

聖路加国際病院
緩和ケア科 部長

林 章敏 先生

金沢大学付属病院
消化器・乳腺・移植再生外科 准教授

伏田 幸夫 先生

近畿大学医学部
上部消化管外科客員教授
清惠会病院 名誉院長

古河 洋 先生